ソーシャルゲーム開発のお値段は?

市場規模も拡大中のソーシャルゲーム界隈ですが、参入したはいいが売り上げが少ない、開発費が回収出来ないとの声も多いです。

そんな中サービス終了のニュースが。
コロプラ、スマホ向けアクションRPG『戦国かぶき道』のサービスを今年8月で終了

鳴り物入りで登場したかぶき道でしたがダメだったようです。
サービス終了の判断はだいたい半年で行われます。
初めの一ヶ月で大体の予想が出来、二ヶ月めで終了するかしないかの話も出始めます。
コロプラは今やゲーム開発会社としても大きくなったのでリリース本数も多ければクローズ本数も多くなります。
これが体力のない開発会社であれば倒産も免れません。

で、今のソーシャルゲーム開発にはいくらくらい使われているのか。
パズドラは小規模体制で2年ほどかかっていますし、チェインクロニクルは数億との噂も聞きます。
一番の要因は人件費とイラストです。
一本作るのに早くて3か月、大規模なものなら1年はかかります。
開発費は3年前の2~3倍は軽く越えています。

たとえば、
プログラマが3人(インフラ、クライアントなどなど)
デザイナー1人
プランナー1人
ディレクター1人

合計6人で始めたとしても半年間で約1000万の人件費。
少し大きなプロジェクトなら3000万くらいでしょうか。
特にインフラは重要で、サーバーが落ちたら売り上げもたちません。

ブロッコリー、iOS版『うた☆プリアイランド』の配信を一時中断…サービス再開は10月を予定、Android版のリリースも延期

3か月も伸びる事は普通あり得ないです。開発会社を変えて作り直すのではないかと噂されていますがどうなんでしょう。

みんなが夢見るパズドラやモンストやチェインクロニクルの場合はキャラクターデザインがネックになります。
初期キャラクター150体で外注した場合、一体あたり1500~3000ほど。450万の費用が必要です。

ではシナリオ重視で安くしよう、と考えてチェインクロニクルを真似ましょう。
シナリオライターへの発注をしたことが無いところも多いかもしれません。
今の相場だと1kbあたり1500~3000円です。
ライターさんのお値段は1文字あたりいくらか、が相談すべき項目です。普通1kbでこのくらい、と見積もりを出します。

ライターさんへの見積り
日本語は1文字で2バイトなので1kbで500文字ですね。
1文字あたり3円
1kbあたり1500円

モバイル向けシナリオなら、ゲームシステムによりますがメインシナリオで300~600kb程度となります。
イベント用ミニシナリオなら100kbくらいでしょうか。

と、このような考え方になります。
もしシナリオを外注したい場合は参考にしてみてください。
さらに複数のライターを使う場合は管理費も上乗せすると良いでしょう。

しかしここで企業側の方に注意!
あくまでもシナリオを書くだけの単価なのですが、他にもプロット制作費も通常は必要です。世界観やキャラクターの個性を付ける作業を全て完成済みならば、ライターさんには文章を書いてもらうだけになり安くすみます。
でもライターさんは文章のプロなので売れる満足の出来る作品を作りたい場合は任せた方が無難ですね。
出来上がってから面白くない、と言われてもライターさんの責任ではありません。
世界観構築をしたプランナーの責任です。

結局のところ、しっかりとしたゲームを作るなら半年で3000から5000万くらいは必要になります。
100万円くらいで作ったカジュアルゲームが大人気になることもありますが、狙ってヒットを産み出すにはお金もかかります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA