オリナス・パートナーズ,南アジア地域の新規事業開拓サポートプログラム「Link」を発表

株式会社オリナス・パートナーズは、バングラディシュを中心とする南アジア地域への新規事業開拓サポートプログラム「Link」を11月28日に発表しました。
開発途上国の発展を目的とし、日本国内の技術を用いて現地企業のアイデアやビジネスを結びつけることを目的としています。

2015年度はその第一弾として、農業、エネルギー、医療、教育、ICTの5分野で活躍するバングラデシュの社会起業家の事業アイデアを募集し、最大10件の事業を選定して日本企業とのマッチングを行います。

【今後のプロセス】
2015年11月18日~12月16日 バングラデシュにて
2015年12月17日~2016年1月16日 選考期間(1次・2次)
2016年1月23日 最終選考会・授賞式
(選考通過者のみ首都ダッカ市内にて現地の企業・投資家を招き最終プレゼンテーション、同日授賞式)
2016年2月以降 新規事業を開拓中の日本企業向けに募集開始

※なお、最終プレゼンテーションの最優秀者は2016年2月27日に開発コンサルタント大手のアイ・シー・ネット株式会社(さいたま市中央区 代表取締役 多田盛弘)が日本で開催する「第3回 40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」(https://www.icnet.co.jp/BIG/)にてバングラデシュ代表としてスピーチを行う権利を与えられます。

 

■Link サービスサイト(英文)
https://www.link-orinuspartners.com/

■株式会社オリナス・パートナーズ
https://orinuspartners.com/

 

151129−006

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA