Amazon,CryEngineベースのゲームエンジン『Amazon Lumberyard』を無料提供開始!

Amazonは、Crytek社のゲームエンジン「CryEngine」をベースとして開発された高機能のゲームエンジン『Amazon Lumberyard』を無料で提供すると発表しました。
Amazonが提供するクラウドサービスのAWS(アマゾンウェブサービス)と動画配信サービス「Twitch」との連携が一番の特徴となっています。

160215−001

『Amazon Lumberyard』は、昨今のゲーム開発で求められる機能を搭載しており、美し3Dグラフィックスが特徴のAAAタイトル開発が可能です。
ドラッグアンドドロップが利用可能なビジュアルスクリプトと、C++のソースコードに対応。「Lumberyard」と「AWS」を連携させることで大幅なコストダウンと作業の効率化が期待できます。
また、「Twitch ChatPlay」という機能を利用すれば、Twitch上で投票を行い特定ユーザーをパワーアップさせたり、ゲームの進行状況を変化させる遊び方ができます。視聴者とプレイヤーという関係をうまく活用したオンラインゲームの登場にも期待です。
さらに、Mod機能を正式にサポートしており、ユーザーがコンテンツを編集可能で、PCゲームで根付いてきた文化が盛り上がりを加速させるでしょう。

ゲームエンジンでは「Unity」や「UnrealEngine」が多く使われていますが、FPSゲーム「Far Cry」シリーズでも定評があるエンジンが提供されることで、さらなるゲームエンジン競争が起こってくるかもしれません。
Lumberyard」は、Xbox One、PS4、PCを正式サポートし、Oculus向けのVRゲームにも対応。iOSとAndroidにも今後サポート予定とのことです。

 

・Amazon Lumberyard 紹介ページ
https://aws.amazon.com/jp/lumberyard/

・Twitch公式サイト
https://www.twitch.tv/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA