知りたい単語を撮影するだけで、簡単に単語の意味がわかる ワードリーダー「イミシル」発売

r20160323_rw10

株式会社キングジムは、外国語のメニューや案内表示の単語を撮影するだけで、簡単に単語の意味を検索できるワードリーダー「イミシル」を開発、簡単に単語の意味がわかるワードリーダー「イミシル」を2016年4月22日(金)より発売します。価格は12,000円(税別)を予定。

海外への旅行や出張の際、現地語のメニューや案内に使用されている単語の意味が理解できないときに単語を調べますが、「中国語や韓国語では電子辞書での入力の仕方がわからない」「スマートフォンの翻訳アプリは通信できる場所でないと使えない」などの不満点がありました。

ワードリーダー「イミシル」は、撮影した単語を文字認識機能(OCR)により自動で認識し、搭載している辞書データから単語の意味を検索することができます。本体に内蔵したカメラで単語を撮影するだけなので文字の入力は不要です。
辞書は、英和・和英辞典、中日・日中事典、韓日・日韓事典など9つの辞書を搭載、ネットワークへの接続が不要なため、通信費や通信環境を気にする必要がありません。乾電池駆動のため、旅行先で充電環境がない場所でも安心です。
単4形アルカリ乾電池2本で約12日~15日間の使用が可能、非常にコンパクトな手のひらサイズのため携帯性にも優れています。

 

■製品概要

・入力不要のシンプルな操作
知りたい単語をカメラで撮影するだけなので、最小限のボタン操作で使用することができます。

・ネットワークへの接続不要
本体内蔵の辞書データを利用するので通信は不要です。
海外でも場所を選ばず使用できます。

・乾電池駆動で充電環境がない場所でも安心
単4形アルカリ乾電池×2本※1もしくは
単4形エネループ×2本※2で使用できます。
※1 1日あたり10分間の使用を想定した場合、約12日間使用可能。
※2 1日あたり10分間の使用を想定した場合、約15日間使用可能。

・縦書き撮影・履歴モード搭載
縦書きの単語も撮影することができます。※
直前に調べた単語は99件まで履歴に残せます。
※英語選択時を除く

 

imisiru_1

150302_puma_a6_leaf_2nd

150302_puma_a6_leaf_2nd

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA