オンラインゲームにおけるガチャのガイドラインが発表!1キャラあたり推定上限5万円に

KPI

一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)は、オンラインゲームにおけるガチャに関するガイドラインを公表しました。
1キャラクターあたりの獲得推定上限金額がおよそ5万円となります。

ソーシャルゲームやオンラインゲームで使われる仕組みに「ガチャ」があります。
これはランダム性を利用してアイテムを獲得する、いわゆる「くじ」です。
ガチャをめぐっては過去にもモバイルソーシャルゲームで「カード合わせ」の疑いが強い仕組みにより大量のお金を使わなければ獲得できないアイテムが問題となりました。
その事、ガチャの仕組みではカード合わせは法律に違反する声明が出され禁止されています。
その後もガチャの仕組みは利用され続け、特定のおまけアイテムを手に入れるための大量課金が問題視されています。

現在大きな問題となっているのが「ガチャの獲得率表示」に関するガイドラインが無いことです。
特定のプラットフォームや協会では表示を義務化する動きもありますが、どこまで表示をするかはプラットフォームによって異なります。
そうした背景から、特定のアイテム獲得率が正しく表示されずに誤解を招くゲームによる返金騒動も起こりました。
これらの問題を解決知る上で、今回のガイドラインは有効に機能するのか、JOGA会員以外のビジネスモデルに対する効果がどれだけ出るのかが焦点となってきます。

・オンラインゲームにおけるビジネスモデルの企画設計、および運用ガイドライン
https://www.japanonlinegame.org/pdf/JOGA_declaration_2016.pdf

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA