KDDI研究所,AR情報を直接メガネに投影できる技術を開発。自然な合成映像が目の前に現れる!

160501−001

KDDI研究所は、別の場所で作成したAR画像を専用のメガネに投影する技術「PITARI」(PIctureless Transmissive Augumented Reality Interface)を開発しました。
透過型スマートグラスを装着することで、使用する人の視界に自然と映像を映すことができ、違和感のない資格情報を得られるようになります。

PITARIという名前の通り、利用者が見ている風景そのものにAR画像を「ピタリと」重ねられる。AR画像がスマートグラス使用者の動きに合わせてぴったりと追従、体の動きに合わせて自動的に補正してくれます。この追従する仕組みを活用できるのが作業現場での遠隔作業支援や学習支援で、映像を見ながら指示をARとして表示させ、その指示通りに作業を行うことが可能になります。また、外国での買い物など日常や仕事など生活に溶け込んだツールとしての活躍にも期待できます。

 

「PITARI」は従来型のスマートグラスによる遠隔作業支援システム「VistaFinder Mx」のオプション機能として提供される予定です。開始時期は早くて年内を想定しているとのこと。

・VistaFinder Mx製品概要
https://www.kddilabs.jp/products/vistafinder.html

・KDDI研究所
https://www.kddilabs.jp/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA