AMD,VR空間内でリアルな音響を再現する「TrueAudio Next」をオープンソースで提供。VR開発の標準システムとなるか

160912-001

AMDは、VR空間内の立体音響をリアルな音として提供可能にする技術「TrueAudio Next」を発表しました。オープンソースとして提供する「TrueAudio Next」は、Radeon GPUのシェーダプロセッサーを用いることで再現される今まで以上に立体的な音の再生を実現しました。

「TrueAudio Next」はVR空間内における立体音響をリアルに再現するもので、物体から発せられる音波が異なる壁にぶつかって複雑に組み合わさった反響を実現します。これによりリアルな音響が再現されてまるでゲーム空間内にプレイヤーが本当に存在するかのような感覚を与えられるようになります。

160912-002

160912-003

同社が得意とするGPU技術でもあるRadeon Raysの技術を流用することで、最大64チャンネル、2秒のコンボルーションリバーブを再現、VRゲーム空間内で発生する音が単純な残響音ではなく、濁り、淀みのあるリアルな反響音を作るリバーブを再現しています。
今後VRコンテンツ開発はリアルさの追求が求められることもあり、音の再現性によって生まれるあらたな遊びにも注目です。

 

 

・AMD TrueAudio
https://www.amd.com/en-us/innovations/software-technologies/technologies-gaming/trueaudio

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA