Qualcommが新型VRデバイスを発表、4つのマイクと4基のカメラを搭載してハンドトラッキングも可能な全部入りVR

160912-010

Qualcommは、新たなVRデバイスのリファレンスモデルを発表しました。Qualcommといえばスマートフォン向けのチップセットを製造している企業としても有名ですが、VRにもチップセットを提供していくようになるかもしれません。

160912-009

Qualcommが発表したVRヘッドセットは「一体型」と呼ばれるモデルで、高性能なPCやスマートフォンを必要とせず単体で動作が可能です。VR HMDにプロセッサを内蔵した一体型のVRヘッドマウントディスプレイのため自由に移動することも跳びはねることもできます。
これまでのVR HMDはPCから伸びたケーブルが動きを制限してしまったり、専用のスマートフォンを用意しなければならず利用者が制限されることがありました。今回発表された一体型の場合はそうした不満を解消できます。

160912-011

Qualcommの新型VRデバイスは「Snapdragon VR820」と呼ばれています。2880×1440の有機ELディスプレイを搭載しており、フレームレートは70Hz以上、レイテンシーは18ms以下。4基のカメラを搭載しており、2つは内側にあるためアイトラッキング用に、フロント側の2つがプレイヤーの位置や手の動きをトラッキングするためのカメラになります。さらにジャイロセンサー、加速度センサーなどを備え、さらにマイクが4つ搭載されます。4つのマイクをどのように利用していくのかは分かりませんが、今後の情報に期待です。

 

・Qualcomm’s New VR Headset Could the Reference Platform We’ve Been Waiting For
https://www.roadtovr.com/qualcomm-snapdragon-vr820-vr-headset-reference-design/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA