株式会社リビングスタイル,Google Tango対応アプリで家具の配置イメージを確認するツールを開発

161008-001

インテリア業界向けITサービスを提供する株式会社リビングスタイルは、レノボ・ジャパン株式会社との連携により、同社のAR(拡張現実)スマートフォン向けアプリケーションをいち早くGoogle社の空間認識技術「Tangoテクノロジー」に対応した「IDC AR with Tangoテクノロジー」として大塚家具の外商部門に提供すると発表しました。

161008-002

リビングスタイルのTangoテクノロジー対応ARアプリケーションは、まずその第一弾が、「IDC AR with Tangoテクノロジー」として大塚家具の外商部門に提供されます。大塚家具外商部門のスタッフは、家具が使用される顧客のオフィスや自宅に出向き、煩わしいARマーカーを利用することなく、実際の家具と同じように3Dデータを配置することが可能になります。様々な家具を配置した空間のイメージや、ベッドを壁際いっぱいに配置した際の動線確保の状況など、即座にインテリア配置後の3Dイメージを顧客に提示することが可能になり、より一層の顧客サービスと業務効率の向上が期待されます。

・株式会社リビングスタイル公式サイト
https://www.livingstyle.co.jp/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA