写真もOK!「LINE Creators Market」が審査基準を改訂し、1セット8個からスタンプ販売が可能!

161015-006

LINE株式会社は、ユーザーがLINE スタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」でスタンプ1セット8 個から販売可能になったと発表しました。これまでは最低スタンプ数が40個必要でしたが、大幅に必要個数が減ったことでスタンプ制作の敷居が下がりました。

161015-005

「LINE Creators Market」は、ユーザーが「LINE」の「スタンプ」や「着せかえ」を制作し、「クリエイターズスタンプ/着せかえ」として「LINE STORE」および「LINE」アプリ内のスタンプ/着せかえショップを通じて世界中のLINE ユーザー向けに販売することができるプラットフォームです*1。2014 年5 月のサービス開始以降、世界中から多くのクリエイターに参加頂き、現在、登録クリエイター数は61 万人、販売中のスタンプ・着せかえ数は合計32 万セットを超えるなど、クリエイターの創作活動の場として成長を続けています。

 

1) 1 セット8 個から販売が可能に
これまでスタンプの販売は1 セットあたり40 個の制作が必要というハードルが高いものでしたが、本日より最低8 個から販売が可能になりました。(「静止画スタンプ」は8,16,24,32,40 個から選択、「動くスタンプ」は8,16,24 個から選択が可能)*2 これにより、スタンプ制作における時間が約80%軽減し(40 個から8 個)、お子さんや、絵を描くのが得意でない方でも、より簡単・手軽にスタンプ制作をお楽しみいただけるようになりました。
*2:すでに審査中や販売中のスタンプの個数は変更できません。

2) 写真スタンプの制作・販売が可能に
従来、写真を使用したスタンプの販売はスタンプ審査ガイドラインにおいて禁止しておりましたが、審査体制の拡充により、ガイドラインの改訂を行い、自身の写真はもちろん、親しい友人・家族や、動物や風景の写真を用いたスタンプを制作・販売することが可能となりました*3。例えば、大切な友人の結婚式や誕生日のお祝いとして、友人の写真入りオリジナルスタンプを作成し、プレゼント機能を使って贈るなど、これまで以上に様々なシーンでスタンプを活用することができます。

・LINE Creators Market
https://creator.line.me

・LINE スタンプ制作ガイドライン

https://creator.line.me/ja/guideline/sticker/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA