Unity、『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』のVRゴーグルToy-Conに対応

Unityが『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit(ニンテンドーラボ)』の開発に対応したと発表しました。VRの開発環境はすでにUnityに搭載されていますが、Nintendo Labo VR Kitにも対応したとのことで、新しいゲームが続々登場するかもしれません!


マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、任天堂株式会社が4月12日に発売したNintendo Switchの『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』のVRゴーグルToy-Con(以下、VRゴーグル)をUnityでサポートすることを発表しました。これにより、Nintendo Switchの開発者はVR ゴーグルに対応したアプリケーションの開発にUnityを利用できます。

スイッチ+VRが楽しい!

『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』はニンテンドースイッチをVRゴーグルにして遊ぶことができる組み立てキットです。本体はダンボールになっているので工作する楽しみもあります。

『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』はコントローラーを使った遊びもあり、敵を撃ち落として行くバズーカや写真撮影ができるカメラなど、様々な使い方に対応出来ます。

VRゲーム以外の使い方もできる?

今回Unityに対応したことで、任天堂以外のメーカーから『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』を使ったゲームが出てくるかもしれません。
また、学生がプログラミングの学習を行う際に使ってみたり、企業のイベントオリジナルゲームを作ることもできます。
ニンテンドースイッチの新しい使い方が提案できるのも楽しみです。

Nintendo Switch の開発者で Toy-Con への対応を希望される方は、Nintendo Developer Portal のお知らせ “Toy-Con への対応を希望される方へ” をご確認ください。

任天堂のプラットフォームの開発者になるには、Nintendo Developer Portal で開発者登録をしてください。以降については Nintendo Developer Portal にある開発者向けの案内をご確認ください。

Nintendo Developer Portal
https://developer.nintendo.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA