コミュニティ通貨「まちのコイン」を使った神奈川県の「SDGsつながりポイント事業」、小田原市でプレサービスを2月24日から開始

株式会社カヤックは、神奈川県、小田原市と連携し、同社が開発したコミュニティ通貨サービス「まちのコイン」を活用した神奈川県の「SDGsつながりポイント事業」を、今年夏から本格的にスタートすると発表しました。本導入に先駆け、小田原駅周辺および早川地区にて、2月24日よりプレサービスを開始するとのこと。

SDGsつながりポイント事業とは

「SDGsつながりポイント事業」は、神奈川県が、SDGsの達成を図るため、地域の社会的課題の解決に向けた活動に、ポイントを通じて、住民、店舗・企業の直接・間接的な参加を促し、地域活性化とSDGsの自分ごと化を図ることを目的に立ち上げられました。

昨年11月〜12月に鎌倉市で実証実験を実施し、その結果を踏まえ、小田原市では一部の地域を対象としてプレサービスを実施し、エリアを拡大し本導入に繋げていくとのこと。

次世代が『SDGsの伝道師』として活躍するまち小田原

SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の両方に選定されている小田原市では、「次世代が『SDGsの伝道師』として活躍するまち小田原」をコンセプトに、高校生らが中心となり、自らが「SDGsつながりポイント」を使ってSDGsを自分ごと化し、まちの人にも伝えていくことを目指します。

今回はプレサービスから本導入までシームレスにつなげるため、コミュニティ通貨「まちのコイン」アプリをApp StoreおよびGoogle Playからダウンロードいただき、本導入後も利用可能となります。

小田原市プレサービス概要

趣旨:2030 年までに達成する世界共通の 17 のゴールを設定する SDGs。大人だけが描く未来ではなく、未来を生きる次世代がSDGsを自分ごと化し、SDGsを通じて小田原の未来を描き、具体的なアクションにつなげ まちの活性化を目指します。
時期:2020年2月24日〜2020年夏頃まで
2月16日から開始する同市の「SDGsウィーク」内にて「SDGs体感事業」として24日に発表し、プレサービスを開始いたします。
利用場所:小田原駅周辺および早川地区の店舗
利用方法:コミュニティ通貨「まちのコイン」アプリをダウンロード

<実証実験結果概要>

  • 時期:2019年11月21日〜12月18日
  • 利用場所:鎌倉市 22の店舗と団体
  • 参加者数:約800人(*アプリをダウンロードしたユーザー数)
  • 総流通量:約250万クルッポ(鎌倉でのポイントの単位、1クルッポ=1円相当)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA