一生無料の電子契約サービス「e-sign」事前登録を受付中!

エストニアと日本を拠点に活動しデジタル社会の身分証を提供するGovTech企業・株式会社blockhiveは、スマートフォンから電子署名を行うことが可能な電子契約サービス「e-sign(eサイン)」を完全無料で近日公開すると発表しました。リリースは4月下旬を予定しており、現在、公式ウェブサイト(https://esign.ee/)から事前登録を受付中です。

完全無料の電子契約サービス

e-signは完全無料でいつでも、誰でも、世界中のどこからでも、利用することができる電子契約プラットフォームです。個人も法人も関係なく、契約数の制限もありません。期間の定めもなく、一生無料でご利用いただくことができます。

blockhiveが拠点を置くエストニアは、電子国家とも称される北欧の小国です。 同国では、e-ID(エストニア版マイナンバー)と連携した電子契約プラットフォームが国全体に普及しており、いつでも・どこでも完全無料で電子契約を結ぶことができます。もはや電子契約は「インフラ」として日々の生活の中で活用されており、エストニア人に欠かせないツールです。

3ステップで、電子契約がカンタン完結

同じく近日公開予定のデジタル身分証アプリxID(クロスID)を使って、3ステップで簡単に、スマートフォンから電子署名を行うことが可能です。

1. デジタルIDアプリでログイン 
デジタル身分証アプリxID(クロスID)を使って、ログインしていただきます。初回設定時にマイナンバーカードの認証が必要ですが、お持ちで無い方はスキップすることも可能です。

2. 契約書をアップロード
作成した契約書(.docxや.pdfなど主要ドキュメント形式に対応)をe-signにアップロードして、相手方のメールアドレスを入力。署名者の他に、ビューワー(閲覧者)を設定することも可能です。

3. 電子署名をして契約者に送信
xIDアプリ上でPINコードを入力することで、電子署名が完結します。Face IDやTouch IDなどの生体認証も利用可能。相手の電子署名が完了すると即時にメール通知がきます。

なりすまし防止対策も

電子契約が普及し始めた昨今においても、「取引先の決裁者が本当に電子署名したのか」が確実に担保できないという課題は依然として残っております。

e-signでは、マイナンバーカードをスマホにタッチするだけで手軽に本人認証ができるデジタル身分証アプリ「xID(クロスID)」を用いて、ユーザーの本人性を担保。2要素認証によるセキュアログインも可能にしました。

xIDの登録自体は数分で完結するもので、マイナンバーカードをかざして公的個人認証を実施し、2つの暗証番号を設定するだけ。複雑なパスワードを覚えたり、名前や住所などの個人情報を入力する必要はありません。

電子契約サービスとデジタルIDアプリを組み合わせることで、なりすましの防止や、セキュリティレベルの向上を実現します。

なお、マイナンバーカードをお持ちでないユーザーでも、書類のアップロード、契約書の送付、署名などの基本的な機能をご利用いただくことは可能です。

事前登録リンク:https://esign.ee/
問い合わせフォーム: https://share.hsforms.com/1wmVqqfhpQe6bDcqShHYI2g3sbwl


■関連Webサイト
blockhive 提供サービス一覧: https://blockhive.ee/services
電子国家・エストニアで誕生 ブロックチェーンを活用したデジタル社会の身分証アプリ”xID”が日本で提供開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000037505.html

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA