スマートフォンアプリ「舞台めぐり」を活用した「頭文字D×SHIBUKAWA 第2弾デジタルスタンプラリー」7月3日(土)より開催!

株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは、アニメやゲームの舞台となった場所をスマートフォンを使って巡ることができるアプリ「舞台めぐり」で、群馬県渋川市内で「頭文字D」の聖地巡礼が楽しめる「頭文字D×SHIBUKAWA 第2弾デジタルスタンプラリー」を2021年7月3日(土)より2022年3月31日(木)まで開催すると発表しました。

頭文字D×SHIBUKAWA 第2弾デジタルスタンプラリー

「頭文字D×SHIBUKAWA 第2弾デジタルスタンプラリー」は、作品の世界が体験できる舞台探訪ARアプリ「舞台めぐり」を活用して、群馬県渋川市内で「頭文字D」のストーリーや登場人物にゆかりのある7つのスポットを巡るデジタルスタンプラリーです。デジタルスタンプラリーのスポットに近づき、アプリでチェックインすることで「頭文字D」特製マイARがプレゼントされます。特製マイARをゲットすると、アプリのカメラを起動していつでもどこでもキャラクターと一緒に撮影する事が可能になります。また、7カ所すべてのスポットにチェックインしてスタンプラリーをコンプリートすると、コンプリート特典として特製マイAR(3種)をプレゼント。さらに、先着2,000名に特製マウスパッドをプレゼントします。
なお、「頭文字D×SHIBUKAWA 第2弾デジタルスタンプラリー」は、渋川市のアニメツーリズム推進事業の一環として開催いたします。2021年7月3日(土)から2022年3月31日(木)まで、頭文字Dファン必見のイベントを群馬県渋川市内で多数開催します。

スマートフォンアプリ「舞台めぐり」とは

アニメの世界が体験できる舞台探訪ARアプリ。
アニメのストーリーや登場人物にゆかりのある場所を検索し、その場所でアニメシーンと同じ構図を
確認したり、登場キャラクターと一緒にAR撮影したりできます。
また、その日の思い出を簡単にあなただけのアルバムにできます。
現地チェックイン特典として、作品声優によるオリジナルボイスや壁紙をプレゼント(対応作品限定)。
街を盛り上げるデジタルスタンプラリーにも対応。

■「頭文字D×SHIBUKAWA」専用サイト
http://initiald-shibukawa.com/

■スタンプラリー対象箇所一覧
・伊香保関所(伊香保口留番所)
・石段街ポケットパーク
・河鹿橋
・伊香保温泉露天風呂
・赤城地区 棚下不動の滝
・道の駅 こもち
・渋川地区名産品センター(しぶさん)

舞台めぐり公式サイト https://www.butaimeguri.com/

ダウンロード URL :
【iOS】                https://itunes.apple.com/jp/app/wu-taimeguri/id680489568?mt=8
【Android】         https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.linknetwork.anitrip&hl=ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ネットマーブルの最新スマホ向けRPG『セブンナイツ2』公式Twitterをオープン!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施

ネットマーブルは、同社が開発中の最新スマホRPG『セブンナイツ2』公式Twitterを開設しました。現在運営中の『セブンナイツ』も世界中で人気となっており、続編となる『セブンナイツ2』も期待です。公式Twitterの開設に合わせてAmazonギフト券が当たるキャンペーンを実施しているとのことで、最新情報をいち早く獲得するためにもTwitterフォローをしておきましょう。

この記事を読む

NFTもゲットできる!『harbor bcg (ハーバー・ビーシージー)』公開!大海原を冒険する放置系ブロックチェーンゲーム

株式会社 Aquariumy Studiは、スマートフォンでプレイできるブロックチェーンゲーム『harbor bcg (ハーバー・ビーシージー)』を公開しました。少額の月額課金だけでリッチにプレイでき、NFTとの交換もできるとのことで、人気爆発チュのNFTをゲットできるかもしれません。

この記事を読む

株式会社CRASTONIC、有名クリエイターの経験を音声とテキストで楽しめる『VOXONOTE』β版リリース!

株式会社CRASTONICは、iOS限定で音声とテキストで一流のクリエイターが持つ経験や知見を得ることができるオーディオ部テキストメディア『VOXONOTE』のβ版を公開しました。これまでのオーディオブックとは異なり、AIにより文字起こしをすることで公開までの期間を大きく短縮できる仕組みが搭載されています。

この記事を読む