Bionic display™ を搭載した70メガピクセル高精細VRヘッドセット『Varjo』(バルホ)

フィンランド企業のVarjo Technologiesは、人間の目の解像度と同じレベルで映像を見ることができる高精細VRヘッドセット『Varjo』を開発中です。現在プロトタイプのアーリーアクセスを実施中とのこと。

現在主流のVRヘッドセットは処理能力の問題やコンテンツに不必要なスペックは削ぎ落とされることがあり、マシンパワーを求められるため超高解像度のVRディスプレイはあまり普及していません。市場にあるVRデバイスの解像度は、平均的な人間の目に見えるものの1/100にすぎず、『Varjo』は70メガピクセルというもの凄い高解像度を搭載しているため、現実世界と変わらない映像を体験可能です。

 

自然な映像を見せる『Bionic display™』

『Bionic display™』と呼ばれる新規開発されたシステムは、人間の視線に対してシステムが最適な映像を返す事が可能になるシステムです。ハーフミラーが視線を追従して移動し、レンズを通して見た時の歪みなども無くほぼ完璧な映像が得られます。

プロトタイプ仕様

  • FOV: 100 degrees for context display, 35 horizontal for focus displays
  • Context display: 1080×1200 @ 90Hz, 8bpp (for each eye)
  • Varjo Bionic display™: 1920×1080 @ TBD, 8bpp (for each eye)
  • Integrated 100Hz stereo eye-tracking
  • Steam® VR tracking with controller support

 

■必要PCスペック

OS:
Windows 10 (64-bit)

Processor: 
Intel® Core™ i7-6700 Processor or AMD AMD FX™ 9590, equivalent or better

Memory: 
16 GB RAM DDR4 or more

Graphics: 
NVIDIA GeForce® GTX 1080 or AMD Radeon™ RX Vega, equivalent or better

Video Output: 
2x DisplayPort ports

USB: 
2x USB 3.0 ports

Unity: 
Unity® 2017.1.1f1 or higher

Unreal Engine: 
Unreal® Engine 4.16 or higher

Hard Drive Space: 
2 GB or more

 

・Varjo 公式サイト
https://varjo.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ゲーム業界就職のためには専門学校は必須?学歴は必要?無料の学習サービスも活用しよう

ゲームクリエイターを目指す人は専門学校を行くのか、それとも別の道があるのかよく分からないことが多いです。
現在はゲーム開発に関する学校も多くなり、プログラマー以外にもプランナーや背景イラスト等、専門のコースも多くなってきました。ゲーム開発をしたい人はどうすればいいのでしょうか。

この記事を読む

グリーがメタバース事業に参入!バーチャル空間で世界中の人とコミュニケーションができるもう一つの世界

グリー株式会社は、REALITY株式会社を中心として「メタバース事業」に参入します。今後2-3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すとのこと。 デジタル空間でみんなと楽しもう! メタバースと […]

この記事を読む

シナリオライターにお仕事を頼むといくらかかる?シナリオライターの相場とは。現場の声を聞いてみた

シナリオライターの需要は昨今どんどん高まってきており、スマートフォンアプリではストーリーやキャラシナリオが重要視されてきました。これまでもストーリーの需要は高かったのですが、大手ゲームメーカー以外でもシナリオの品質をより […]

この記事を読む