空飛ぶクルマの「SkyDrive」が15億円調達、年内に有人飛行試験開始へ

株式会社SkyDriveは、既存投資家であるDroneFund、Zコーポレーションに加えて、STRIVE、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、環境エネルギー投資より、第三者割当増資および助成金を通じて、15億円の資金調達を完了したと発表しました。これにより、累計調達額は20億円となり、2019年内の有人飛行試験開始を目指すとのこと。

■事業概要株式会社SkyDriveは、航空機・ドローン・自動車エンジニアを中心に2016年から活動している有志団体CARTIVATORのメンバーで発足した株式会社です。2018年12月より、日本初となる空飛ぶクルマ(無操縦者航空機)の屋外飛行試験を開始しています。また、愛知県・豊田市と連携、『新産業創出へ向けた「空飛ぶクルマ」開発に関する連携協定』を締結し、2019年6月、豊田市に日本最大級(2019年9月時点)の飛行試験場をオープン。年内の有人飛行試験の開始、2020年夏のデモフライト、2023年の発売開始に向けて、開発を進めております。

■空飛ぶクルマとは
空飛ぶクルマとは、正式名称を「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」と呼ばれ、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴です。モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で開発が進んでおり、我が国においても都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものと期待されています。
既存の航空機に比べて低コスト・低騒音。離発着場所もコンパクトになるため、空の移動がより日常的になると考えられます。

Uberがサービスプラットフォーマーとして2023年からの事業開始を目指すと発表をしているように、空飛ぶクルマは、MaaSにおいて、キーとなるモビリティとして期待されています。
2040年にはグローバルで150兆円の市場規模に達すると予測されており(※1:Morgan Stanley調査)、まさに、次世代産業の1つです。日本においても、2018年から「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、2023年の事業開始、2030年の本格普及に向けたロードマップ(※2:経済産業省・国土交通省)が制定されております。先進国においては渋滞緩和、災害時利用、新興国においては、インフラ不要の移動手段としての活用が見込まれております。
※1:https://www.morganstanley.com/ideas/autonomous-aircraft
※2:https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181220007/20181220007.html

■会社概要
・株式会社SkyDrive
・お問い合わせ info@skydrive.co.jp
・ホームページ  https://www.skydrive.co.jp
・所在地
東京オフィス:東京都新宿区
豊田テストフィールド:愛知県豊田市足助地区
豊田R&Dセンター:愛知県豊田市挙母町2-1-1豊田市ものづくり創造拠点SENTAN
屋内飛行試験場:愛知県豊田市御船町

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA