新作アプリ『新・かぐや姫』開発者インタビュー!オールリモートで作られたアドベンチャーゲームの手法に迫る

Android,iOS端末向けフルボイスアドベンチャーゲームとして2021年1月18日にリリースされた『新・かぐや姫』。その開発を行なったSTARDUST合同会社(本社:北海道勇払郡むかわ町 代表:川合 佑輔)に開発秘話などをインタビューしました。

『新・かぐや姫』は子ども向けゲーム作品の開発経験から生まれた

・本作を作ろうと思ったきっかけは何でしょうか?

私がゲーム会社で会社員をしていた頃、子供向けの作品に携わることが多く、そのノウハウを活かせないかと思い、企画をしました。『新・かぐや姫』を企画立案をしたのは2020年4月頃でした。

・テキストアドベンチャーゲームは複雑な謎を解いたり、恋愛シミュレーションだったり、作るのは大変だと思いますがこのジャンルを選んだ理由は何でしょうか。

ゲームジャンルをテキストアドベンチャーにした理由は2つあります。一つは、プランナーだけで実装が完結できるからでした。起業して間もない会社ですので、少ない資金でやりくりする必要がありました。私一人で実装ができれば費用が抑えられるからです。
もう一つは、親御さんにも安心して一緒に楽しめると思ったからです。読み物をメインした作品ですので、ゲーム性や新しい操作を覚えるとこともなくゲームを始めればすぐに馴染むことが出来るためです。

Unityを使って『新かぐや姫』をマルチプラットフォーム対応に

・一人でエンジニアリングするのはかなり大変だったと思います。特にスマートフォン向けアプリの開発はAndroidとiOSに対応させる必要があると思いますが、開発ツールは何を使いましたか?

ゲームエンジンはUnityを使用しました。それに加え、宴というアセットを使用してスクリプトを作成しています。

Unityは会社員時代から使用していたため、馴染みのあるツールであることと、スマホ用のデータとして簡単にエクスポートできるという点で選びました。宴はテキストアドベンチャーに特化したアセットのため使用しました。

新・かぐや姫で使われたAsset宴
新・かぐや姫で使われたAssetの宴
宴3 Unity Text Adventure Game Engine Version3
https://madnesslabo.net/utage/

・「宴」はUnityで使えるアドベンチャーゲーム開発ツールとしても有名ですよね。その他にはどんなツールを使っていますか?

バージョン管理ツールはAzure Repos+SourceTreeです。
開発途中まで、Bitbucketを使用していたのですが、容量の上限に引っかかってしまい、データを上げられなくなってしまったためAzure Reposに変更しました。ドキュメント系やファイル共有はConfluence+GoogleDrive、タスク管理はJIRAを使用しています。

・様々なツールを駆使して開発されてるのですね。開発環境を整えたり、データの管理など大変だったと思います。

ゲーム会社に勤めていた頃は、UnityやXcodeの基本設定、バージョン管理ツールの設定をプログラマーの方に準備して頂いていたので、自分で設定をするのは苦労しました。

平日は受託の仕事を行い、受託の仕事を終えたあとに本プロジェクトの開発を行っていました。土日は本プロジェクトの開発にフルコミットをしていましたが、会社の経営もしておりますので、他スタッフの管理や経理業務も行っているため頭の切り替えを行うのが大変でした。

声優さんが自宅でボイス収録

・同時並行で様々なお仕事をされているのですね。『新かぐや姫』はフルボイスという事で大変驚いたのですが、声優さんの手配や収録はどのように行いましたか?

フットワークが軽いことと、費用の面を考慮してフリーの声優さんを探しました。複数の役を演じていただく想定でしたので、演技の幅が広い方を自分で探しました。

収録は全て宅録で行っていただきました。納品していただいたデータを確認し、ボイスデータを編集・実装を行いました。問題があれば声優さんとやりとりを行い再収録していただくということを繰り返しました。

・フリーの声優さんを見つけて収録をしてもらうというのもリモートワークやオンライン会議のようにインターネット上で出来てしまうのは時代の最先端のような感じがします。オンラインでやり取りするに当たり問題は無かったのでしょうか。

チャットやメールでのやりとりのみで完結しているため、間違った伝わり方をしないように言葉選びには気をつけました。あとは、気を配ることと常に感謝の気持ちを忘れないことです。気持ちよく仕事をしていただくために配慮することが大事だと思います。

・直接会えないオンラインのやり取りだからこそ普段以上に気持ちを伝えることが大切なのですね。それでは最後にゲーム開発をしている方、これから始めようという方に一言お願いします。

現在はゲーム開発をしやすい環境が整っていると思いますので、まずは1本ゲームを完成しきってみてください。どんなに小さい規模のゲームだとしても最後まで作ることで自信がつくと思います。まずは小さな一歩を踏み出してください!

オンラインでも非プログラマでもゲームは作れる

オンラインでやり取りをしながら一つのゲームを作り切るというのはとても大変な作業です。それでも一歩ずつ着実に進んでいけば完成を迎えることができます。現在はゲーム開発のためのツールが無料で使えるため、最初の一歩は踏み出しやすくなりました。非プログラマーでもゲームをリリース出来るので、ゲームを作ってみようと思う方はぜひ参考にしてみてください。

■製品概要

タイトル
新・かぐや姫
https://www.stardust-genius.com/works/kaguya

ジャンル
童話アドベンチャー

プラットフォーム
iOS/Android

価格
610円

配信日
iOS:2021年1月18日
Android:2021年1月23日

企画・制作
STARDUST合同会社

■メインスタッフ

プロデューサー/ディレクター
川合 佑輔

シナリオ原案
SIV

シナリオ制作
シナスタジアデザイン合同会社
https://syn-game.com/

キャラクターデザイン
もりの みのり
https://morinoco.wixsite.com/morino

タイトルロゴデザイン
犬田 悠

■キャスト

女性役
(かぐや、いろは、ツクヨミ、月の妃、おばあさん等)
peЯoco.
ツイッター:https://twitter.com/say_lala

男性役
(みつる、ミカド、月の王、貴族5人、おじいさん等)
雨澤 祐貴
ツイッター:https://twitter.com/amemy0121

Android版アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.STARDUST.Kaguya

iOS版アプリ
https://apps.apple.com/jp/app/id1549433909

amazonアプリストア
https://www.amazon.co.jp/dp/B08T8J13CV

©2021 STARDUST LLC.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ゲーム業界就職のためには専門学校は必須?学歴は必要?無料の学習サービスも活用しよう

ゲームクリエイターを目指す人は専門学校を行くのか、それとも別の道があるのかよく分からないことが多いです。
現在はゲーム開発に関する学校も多くなり、プログラマー以外にもプランナーや背景イラスト等、専門のコースも多くなってきました。ゲーム開発をしたい人はどうすればいいのでしょうか。

この記事を読む

ネットマーブルの最新スマホ向けRPG『セブンナイツ2』公式Twitterをオープン!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施

ネットマーブルは、同社が開発中の最新スマホRPG『セブンナイツ2』公式Twitterを開設しました。現在運営中の『セブンナイツ』も世界中で人気となっており、続編となる『セブンナイツ2』も期待です。公式Twitterの開設に合わせてAmazonギフト券が当たるキャンペーンを実施しているとのことで、最新情報をいち早く獲得するためにもTwitterフォローをしておきましょう。

この記事を読む

NFTもゲットできる!『harbor bcg (ハーバー・ビーシージー)』公開!大海原を冒険する放置系ブロックチェーンゲーム

株式会社 Aquariumy Studiは、スマートフォンでプレイできるブロックチェーンゲーム『harbor bcg (ハーバー・ビーシージー)』を公開しました。少額の月額課金だけでリッチにプレイでき、NFTとの交換もできるとのことで、人気爆発チュのNFTをゲットできるかもしれません。

この記事を読む